抽斗把手の修理 / Danish vintage









デンマーク製のヴィンテージチェストの抽斗把手がぱっくり割れてしまったと、修理のご依頼でした。

把手自体を作り替えるという方法もあったのかもしれませんが、この時は把手内部にプライウッドを埋め込んで組手を作って強度を確保してから圧着する方法で修理しました。

色合わせも上手に出来たのでこの時はとても良く出来ました。良かったです。


2019年か20年頃のお仕事でしたでしょうか?何事もなく元気に活躍してくれていたら良いなぁ






関連記事

弊店にて販売した製品以外の家具の修理のご依頼も、私に出来る範囲の内容で対応させて頂いております。 これまでのご依頼内容はこちらのページに少しずつ記録していきます。→家具修理のお仕事 皆様の参考になれば幸いです。 修理のお仕事は一つ一つ製品も違えばその症状も違うため、一まとめ...