#3-002
『J16』Rocking Chair by Hans.J.Wegner

SOLD OUT

 Size/  W630 D930 H1070 SH420

 Material / Afrormosia

Tarm Stole & Møbelfabrik for FDB Møbler / Denmark / 1960's

 Stock / 0

Order Form  >
​ご注文・お問合せはこちら
Shopping Guide  >
ご注文・お支払い方法について
About Notice  >
注意点・返品・キャンセルについて
Delivery & Service  >
配送・保管・アフターメンテナンスについて​

デンマーク Hans.J.Wegner(ハンス・ウェグナー)によるロッキングチェア『J16』
一説には盟友Borge Mogensen(ボーエ・モーエンセン)との共作とも言われています。

英国のウィンザー様式と米国のシェーカー様式それぞれの要素を取り入れた、普遍的かつ優美な姿に、現代でも多くのファンをもつ傑作椅子の一つ。

1944年に発表され、製造初期は「FDB Møbler」傘下にあった家具工房「Tarm Stole & Møbelfabrik」(1896年設立。後にKVIST INDUSTRIESへと引き継がれる。)から製造されていましたが、1965年以降は、名門「Frederia」より現代まで製造の続くロングライフデザインとなっております。​

現行品ではオーク材とビーチ材のモデルが製造されておりますが(折しも、昨年(2019年)には製造から75周年を記念して、ウォルナット材のモデルが限定発表されていたようですが)こちらは市場でもあまり見かけない、希少なアフロチーク材を使用したモデル。

シートの内側にはFDB MøblerとTarm Støle & Møbelfabrik両社のスタンプも確認でき、比較的製造初期のモデルではないかと推測されます。

:condition:

木部フレームは全体、一度もともとの塗装や汚れを洗浄後サンディングを施してからオイルとワックスにて再仕上を行いました。

シートのペーパーコードも新規に張替済み。

座面の張替前には、フレームのグラつきのある箇所を一度解体して、圧着修理も施しています。

コンディションとしましては、左手アーム先端にもともと割れを補修した痕が確認出来ました。
こちらしっかりと圧着修理をされていたようで、接着部が開く様子もなく、使用には問題なさそうです。

また、脚部に幾つかの破損・欠損がございました。こちらに関しては私共の方で破損部を新たに成型し直してから圧着補修、色合わせまで修復を施しています。ぱっと見た目にも分からず(写真でも判別は難しいと思いますが)強度も考えて修復を行っておりますので、安心してお使い頂けると思います。

より詳細のコンディションについてを希望される場合には、写真の送付等出来る限りのご案内いたしますので直接お問い合わせくださいませ。

Order Form  >
​ご注文・お問合せはこちら
Shopping Guide  >
ご注文・お支払い方法について
About Notice  >
ご利用上の注意点・返品・キャンセルについて
Delivery & Service  >
配送・保管対応・アフターメンテナンスについて​
HOME
©2018 Dawner vintage store