#3-012
Cabinet by Kai Kristiansen

SOLD OUT

 Size/  W855 D400 H760

 Material / Teak wood

Denmark / 1960's

 Stock / 0

Order Form  >
​ご注文・お問合せはこちら
Shopping Guide  >
ご注文・お支払い方法について
About Notice  >
注意点・返品・キャンセルについて
Delivery & Service  >
配送・保管・アフターメンテナンスについて​

​1960年代頃のデンマーク カイクリスチャンセンによるキャビネット

控えめで慎ましくも、どこか洗練された印象を感じることが出来るのはこの年代のデンマーク家具全般に共通していますね。

このキャビネットも一見シンプルなようでいても、実はほんの少しだけ厚みを抑えた本体木部や、シュッと先細る脚部の造形によって

殊更にすっきりとした印象を醸し出しているようです。

またこのキャビネットのシンボルでもある丸い把手も、ほんの気持ちだけ輪郭を突出させることで

ここに手を掛けるんだよ、と優しく囁かれているような。大仰なデザインではないがしっかりとした主張を宿しているようです。

内部には小抽斗が3杯と棚板が1枚設置されています。

それぞれ高さを変えたり(およそ7㎝間隔で6段階の高さ調整が可能)、左右を入れ替えたり、と自由にレイアウトを変えることが出来、使い勝手も抜群です。

:condition:

チーク材を使用した木部は、脚先に至るまで全て、もともとの塗装や汚れを洗浄後サンディングを施してからオイルとワックスにて再仕上を行いました。

​大きく雰囲気を損ねるほどのダメージはなく、全体的にとても良いコンディションに仕上がっています。

以下、詳細のコンディション

・向かって左扉の角に2か所、欠けがあったため補修をしています。(写真14・15枚目)

・天板奥に5ミリほどの打痕が一ヶ所(写真16枚目)

・向かって右側面中央部に数本の擦り傷(写真17枚目)

・向かって右扉の把手内側に薄い擦り傷(写真18枚目)

・抽斗底板のフェルトに裂け目が一つ。(写真19枚目)

抽斗底のフェルトは裂け目こそありますが大きく汚れていなかったためオリジナルコンディションで展示をしています。

こちらは希望があれば新しくフェルトを張り直すことも出来ます(無料対応)のでご要望があればお伝えください。

より詳細のコンディションについてを希望される場合にはご案内いたしますので直接お問い合わせくださいませ。

Order Form  >
​ご注文・お問合せはこちら
Shopping Guide  >
ご注文・お支払い方法について
About Notice  >
ご利用上の注意点・返品・キャンセルについて
Delivery & Service  >
配送・保管対応・アフターメンテナンスについて​
HOME
©2018 Dawner vintage store