2-046 Dining table

1960年代頃のスウェーデン製ダイニングテーブル


天板・幕板には深い色味のチーク材を、脚部には明るめのビーチ材を使用した、色の対比が印象的な一台。

デザイナーやメーカーは不祥ですが、長手方向にかけて緩やかな曲線を描いた天板淵部のデザインや細身のテーパードレッグなど、シルエットの美しさにこだわった造りの良さをしっかりと堪能することが出来ます。


天板にあしらわれた木目の向きもこのテーブルの特徴の一つ。

ダイナミックな木目を愉しむことの出来る、木目を長手方向へと配したダイニングテーブルの方が市場では多く見かけますが

こちらは木目を短手方向へと配すことで、前者と比較をすると軽やか且つリズミカルな印象を愉しむことが出来るようです。天板を拡げた際には羽板との継ぎ目が木目に紛れ、より一体感を感じられることもこの意匠の狙いなのかもしれませんね。


天板を拡げる際には両サイド各40㎝ずつ拡げることが出来ます。

脚部は取り外しが出来るため、搬入経路を選ばず設置することが可能。

脚と脚の間隔はおよそ104㎝程ありますので、一般的なチェアであれば2脚並べて使用することが出来そうです。

2-046 Dining table

Price:

SOLD OUT

Size:

W1210→1610→2010 D845 H740

Material:

Teak & Beech wood

Sweden / 1960's

Stock:

0

Condition:

チーク材を使用した天板・幕板、ビーチ材を使用した脚部、と全体一度古い塗装や汚れを洗浄後研磨を施し、オイルとワックスにて再仕上を行いました。

天板や羽板に使用に伴う細かい傷も散見出来ますが、大きく雰囲気を損ねるほどのダメージはなくヴィンテージとしてはとても良いコンディションに仕上がっています。


より詳細のコンディションについてを希望される場合にはご案内致しますので直接お問い合わせ下さいませ。

Order Form>

​ご注文・お問合せはこちら

Shopping Guide>

​ご注文・お支払方法について

About Notice>

​注意点・返品・キャンセルについて

Delivery & Service>

​配送・保管・アフターメンテナンスについて


 
OPEN : 11:00 - 18:30
CLOSE : Wed & Thu
〒168-0081 東京都杉並区宮前3-35-16
 
Mail : info@dawner.jp
Tel : 03-6874-3228
  • ブラックInstagramのアイコン
  • ブラックTwitterのアイコン
© Dawner