3-077 Dining table

Price:

SOLD OUT

Size:

W1300→1840→2380 D860 H720

Material:

Teak & Oak wood

Denmark / 1960's

Stock:

0

Shopping Guide>
​ご注文・お支払方法について

About Notice>
​注意点・返品・キャンセルについて

Delivery & Service>
​配送・保管・アフターメンテナンスについて

1960年代頃のデンマーク製ダイニングテーブル


天板下に格納された羽板を両サイド引き延ばして簡単に拡げることの出来る使い勝手の良さと

機能的な造りにもかかわらずシンプル&スタンダードなデザインで他の家具や空間とも調和しやすい点とが

この構造のダイニングテーブルが広く親しまれているポイントだと感じています。


こちらは天板に色の深いチーク材を、脚部や天板を支える幕板には良質なオーク材を使用し、色味のコントラストが個性的な一台。

個人的に是非ご覧頂きたいデザインとしては、天板下に格納された羽板の淵部。

天板を2枚重ねる構造のためどうしても厚みを増してしまうのですが、羽板淵部にしっかりとテーパードを設けることで、天板を重ねた際にも量感が軽減されています。

ささやかな意匠ではありますが、製作者のこだわりを感じられる美しいデザインです。

Condition:

木部は天板、幕板、脚部、と全ての古い塗装や汚れを洗浄後サンディングを施し、オイルとワックスにて再仕上を行いました。

メインの天板に複数打痕が見られ、もともと埋めて補修されていた箇所はそのまま色を載せてタッチアップ、それ以外の箇所は特に埋め補修などはせずにそのままにしています。

一つ一つの打痕はさほど大きくありませんので、大きく印象を損ねるほどのダメージではないと思いますが注視すれば気づくレベルです。

写真に載せていますので、ご確認くださいませ。

それ以外には大きく目立ったダメージは無く、全体的にはとても良い仕上がりです。


より詳細のコンディションについてを希望される場合にはご案内致しますのでお問い合わせくださいませ。