3-080 Dining table

1960年代頃のデンマーク BRDR.FURBO製のダイニングテーブル


天板淵に厚みのあるチーク無垢材を廻し、しっかりとチーク材の風合いや素材感を愉しむことの出来る造りの良い一台です。

天板を持ち上げるとエクステンションする羽板が隠れており、用途に応じて長さ方向に拡げて使用することが可能。

外側に設けられた脚部の設計により、椅子を収めるスペースも114㎝巾と比較的広く確保されています。


またその脚部は正円でも真四角でもなく、長方形(または台形)に少しの曲面を取り入れた特徴的なデザインとなっているのですが、実はこの脚、耐久性を考慮して、しっかりとした厚みを持たせて造られております。

しかし上述した特徴的な造形にすることで眺める角度によって見え方が変化し、重厚感を感じさせないような配慮がされている。これによってこの時代のデンマーク家具らしい洗練された佇まいを損ねることもなく、均整の取れたデザインの美しさを愉しむことが出来るようです◎


最後に、メインとなる天板は木目に癖の少ない柾目材を使用しているのですが、だからこそ余計に、淵部に一つだけ現れたチーク材の節の紋様が際立つようで。オイルを入れた瞬間、目を奪われてしまいました。私の個人的なお勧めポイントなので是非ご覧になってみてくださいませ◎(一番最初の写真です)

3-080 Dining table

Price:

SOLD OUT

Size:

W1300→1800→2300 D850 H730

Material:

Teak wood

Denmark / 1960's

Stock:

0

Condition:

木部は天板、羽板、脚部、幕板部、と全てもともとの古い塗装や汚れを洗浄後サンディングを施し、オイル塗装にて再仕上を施しました。

注視すれば細かな傷も確認できるかもしれませんがほぼ目立たず。とても良いコンディションに仕上がっています。


より詳細のコンディションについてを希望される場合にはご案内致しますのでお気軽にお問い合わせ下さいませ。

Order Form>

​ご注文・お問合せはこちら

Shopping Guide>

​ご注文・お支払方法について

About Notice>

​注意点・返品・キャンセルについて

Delivery & Service>

​配送・保管・アフターメンテナンスについて


 
OPEN : 11:00 - 18:30
CLOSE : Tue - Thu
〒168-0081 東京都杉並区宮前3-35-16
 
Mail : info@dawner.jp
Tel : 03-6874-3228
  • ブラックInstagramのアイコン
  • ブラックTwitterのアイコン
© Dawner