3-097 Dining table

Price:

SOLD OUT

Size:

W1350→1830→2310 D890 H720

Material:

Teak & Afrormosia

Denmark / 1960's

Stock:

0

Shopping Guide>
​ご注文・お支払方法について

About Notice>
​注意点・返品・キャンセルについて

Delivery & Service>
​配送・保管・アフターメンテナンスについて

1960年代頃のデンマーク製ダイニングテーブル


天板下に格納した羽板を両サイド気軽に拡げることの出来る使い勝手の良さが人気です。

天板にチーク材、脚部には少し色の濃いアフロチーク材を使用。

スタンダードなデザイン、すっきりとしたシルエットなど美しい一台です。


今回こちらのテーブルの見どころとして、天板淵廻りの仕上げに特に興味を覚えました。

天板淵には幅の広いチーク無垢材を贅沢に廻しているのですが、天板&羽板共に滑らかな曲面で仕上げが施されています。

ふっくらと優しい曲面が見た目に美しいことはもちろんですが、角を無くしたことでテーブルに腕を預けた際のストレスも感じにくくなっている気がいたしました。日常食卓で宿題をしたり持ち帰りのお仕事をしたりなど、多目的に使用される方には特にお勧め出来るポイントだと感じます。

Condition:

木部は天板、羽板、幕板、脚部と全て、古い塗装や汚れを洗浄後研磨を施し、オイル塗装にて再仕上を行いました。

全体ほぼ目につく傷もなく、とても良いコンディションに仕上がっています。

エクステンションの動作確認も行いましたので、日常ストレスなくお使い頂けると思います。


より詳細のコンディションについてを希望される場合にはご案内致しますのでお問い合わせくださいませ。