4-012 Round dining table - Kai Kristiansen

Price:

SOLD OUT

Size:

W1115 D1115 H720

Material:

Teak wood & Afrormosia

Kai Kristiansen / Denmark / 1960's

Stock:

0

Shopping Guide>
​ご注文・お支払方法について

About Notice>
​注意点・返品・キャンセルについて

Delivery & Service>
​配送・保管・アフターメンテナンスについて

1960年代頃のデンマーク カイクリスチャンセンによるデザインのラウンドダイニングテーブル

こちらは天板にチーク材、脚部にアフロモシア材を使用したモデルになります。


この飾らない美しさはどこから来るのだろうか。そんなことを考えさせられました。


天板の縁取りは極力目立たせず、側面淵廻りもフラットに設計されている。余分なものは無く、個性を際立たせるような意匠性はご覧の通り無い。それなのに一目見れば彼の作品だと判ってしまう、この存在感。ディティールやシルエット。

きっと天板の厚みや脚部の配置など、本当に細やかなバランス感覚を大切にしているのだろうな、と思う。

個としての美しさと空間との調和。ちょっと語りつくせない。


*天板中央には中板を2枚(各幅49㎝)追加して拡げることが出来ます。最大約210㎝。

Condition:

木部は脚先に至るまで全体、古い塗装や汚れを洗浄後サンディングを施してからオイル塗装にて再仕上を行いました。

中板に小傷、また注視すれば天板淵廻りにも小さな打ち傷が散見出来ますが、目立つほどではなく。ヴィンテージとしてはとても良いコンディションに仕上がっています。


より詳細のコンディションについてを希望される場合にはご案内致します。お気軽にお問い合わせ下さいませ。