4-062 Arm chair - FDB Mobler

Price:

SOLD OUT

Size:

W600 D520 H755 SH445

Material:

Oak wood

Kurt Ostervig / FDB Mobler / Denmark / 1979'

Stock:

0

Shopping Guide>
​ご注文・お支払方法について

About Notice>
​注意点・返品・キャンセルについて

Delivery & Service>
​配送・保管・アフターメンテナンスについて

デンマーク Kurt Ostervig デザイン。FDBモブラーより製造されたアームチェア。

発表された時期は不祥ですが、こちらの個体は1979年の刻印が残されています。


巾広く設計された2枚の背凭れが造る独創的なシルエットが印象的な作品。

背凭れと背凭れとの合間から漏れ出る光、緩やかな曲面に映し出された陰影など、とても興味深い佇まいに感じています。


その2枚の背もたれはそれぞれで微妙に角度を変えており、これはどんな座り心地なのだろうかと早速試してみると

やや後方へと傾斜した上部の背凭れは、少し姿勢を崩して体を休めた時に。

そして比較的垂直に立った下方の背凭れは、お尻を深くまで腰掛けて姿勢を正した時に、それぞれの役割を果たしているようです。

職業柄、やや腰に不安を抱えている私には、特にこの姿勢を正した際の下方の背凭れが心強く感じました。腰のあたりをガシッと掴まれるかのようなホールド感。非常に快適です。


木部は堅牢なオーク材。明るい材色や、また年月とともに飴色へと変化してく様も大変美しく、ヴィンテージから現代のインテリアまで幅広く相性が良いことで人気があります。

こちらの個体も40年の時を経て、その材特有の風合いを楽しんで頂けるかと思います。

今回、前脚やアーム、後ろ脚などの各所に、材の辺心材による色の差が現れています。

(心材:丸太の中心付近→色が濃い。 / 辺材:心材よりも外側→色が淡い)


骨太なデザインや先ほどのガシッと掴まれるかのような座り心地、そしてこの辺心材のあしらい方が相まって、とても野性味あふれる作品に感じています。



今回、座面のファブリックにはデンマーク Kjellerup Vaeveri社の『Herning』落ち着いたミルキーカラーに淡いブルーのストライプ柄が織り込まれた生地をセレクトして張替を行いました。

デンマークのヴィンテージ家具らしい落ち着いた雰囲気に、爽やかさをプラスしたとても良い仕上がりになったと思います。

Condition:

オーク材を使用した木部は、古い塗装や汚れを洗浄後、丁寧にサンディングを施し下地を整えました。

仕上げには今回はオイル塗料は使用せずに、蜜蝋ワックスのみで仕上げを行っています。


接合部に緩みのあった箇所は一度解体し古い接着剤を除去後、圧着修理を行いました。


シート内部ウレタン材は新規に交換済み。ファブリックの張り替えまで済ませています。



より詳細のコンディションについてを希望される場合にはご案内しております。お気軽にご相談くださいませ。