5-086 Dining chair set

Price:

SOLD OUT

Size:

W450 D510 H805 SH450

Material:

Teak & Oak wood

Denmark / 1960's

Stock:

0

Shopping Guide>
​ご注文・お支払方法について

About Notice>
​注意点・返品・キャンセルについて

Delivery & Service>
​配送・保管・アフターメンテナンスについて

1960年代頃のデンマーク製ダイニングチェア


巾広く設けられた背凭れは柔らかな曲線を模り、独特の温かみある雰囲気を醸し出しています。

腰を掛けるとこの巾広の背凭れが身体全体をしっかりと支えてくれる。ダイニング用のチェアですので「寛ぎやすい」とまではいきませんが、それでも背板の厚みを抑えることで木材の備える「しなやかさ」を僅かに感じられる「板っぽさ」を抑えられた造りになっているのだと思います。

もう一つ座り心地に関して感じたことでは、サイズ感の割に奥行きが深く感じられました。奥行きを確保することで、長時間しっかりと安定して座ることが出来る。やはり食事の際や作業時などに適したチェアなのだと思います。


背凭れの造形が特徴的ですが、フレーム構造もなかなか凝っています。座面を支える枠木はダイナミックに湾曲し、また前脚同士/後ろ脚同士を繋ぐ貫部はリボンのような特徴的な形を模している。全体的なフォルムはスタンダードながらも存在感のあるシルエットを眺めて楽しむことが出来るようです。

Condition:

木部フレームがもともととても綺麗でしたため、今回は古い塗装の剥離作業は行わずに、表面の汚れを除去してリフレッシュメンテナンスのみ行いました。フィニッシュには蜜蝋ワックスにてしっかりと磨き上げていますので、触り心地など質感にもこだわった仕上がりとなっています。


個体によって、それぞれ使用に伴う小傷などございます。

また使用しているファブリックにもわずかな染み痕など注視すれば見つけられます。

どちらもヴィンテージとしては十分許容できるコンディションだと思いますので、ご安心頂ければと存じます。

ヴィンテージ品であることに、ご理解を頂けますようお願い致します。


詳細のコンディションについてご質問などございましたら確認いたします。お気軽にお問い合わせ下さい。