5-090 Round dining table

Price:

SOLD OUT

Size:

W1220 D1220 H720

Material:

Rosewood

Denmark / 1960's

Stock:

0

Shopping Guide>
​ご注文・お支払方法について

About Notice>
​注意点・返品・キャンセルについて

Delivery & Service>
​配送・保管・アフターメンテナンスについて

1960年代頃のデンマーク製ラウンドダイニングテーブル


希少なローズウッド材を使用。天板廻りにはしっかりと幅のある縁を施してデザインのアクセントとしています。

脚部は中央をふくよかにすることで先へと細まるシルエットがより強調されているようです。天板のエッジ部分にもテーパーを施してスタイリッシュな印象も感じます。細部まで丁寧にデザインされたことが窺える一台です。


天板中央を開くと中板が格納されており、拡張時には187㎝長さの楕円形テーブルとしてもご使用いただけます。


さて、写真でお気づきになられた方もいるかもしれません。この天板の拡げ方が結構珍しいのでご紹介させて頂きます。

こちらように天板中央が分かれて拡がるデザイン自体は珍しくはありませんが、天板の境目が席の真正面に位置してしまうことがよくあります。それが悪いわけではもちろんありませんが、、

それがこちらのテーブルの場合その境目が席に対して対角上に入るように工夫されている為、例えどの位置に座っても境目が干渉することが無いようにと配慮がされています。結構珍しいデザインだと思いましたので、挙げさせて頂きました。

テキストの説明では分かり難いと思いますので、上の写真を参考にご覧になってみてくださいませ。

Condition:

ローズウッド材を使用した木部は、天板・中板・脚部・幕板と全て一度古い塗装や汚れを洗浄後サンディングを施してからウレタンを配合したオイル仕上塗料にて再塗装を行いました。

全体的には綺麗に仕上がっているのですが、メインの天板に2か所、もともと化粧板が擦れて地板が透けていた箇所があり補修痕として残っています。光の当たりや眺める角度によっては目立つダメージだと思いますので、そちらを考慮して価格を設定しました。写真最後から1枚目&2枚目にてご確認下さい。


脚部は取り外し可能です。お部屋の中で組み立て設置を行えますので搬入経路は選ばないと思います。


より詳細のコンディションについてご希望ございましたらご案内いたします。お気軽にお問い合わせくださいませ。