テーブルのぐらつき修理 / British Antique






ベントウッドチェアの修理と同じお客様でした。ツイストレッグのドローリーフテーブル。

テーブル下のクロスした貫にもともと修理した痕があり、そこが外れてしまっていました。


本来この貫は組み合わせることはせず面と面を接着剤とビス1本だけで固定する仕様でしたが一度割れてしまった貫があったようで、恐らくビスを使用するとその貫自体が再度割れてしまう可能性があったため貫裏の見えないところに細い補強材を入れて修理がされていたようでした。

で、今回はその補強材が結局壊れてしまっていたため、お客様とも相談の上に同様の補強材ではなくて木ダボ1本打ち込んで組み合わせるように仕様変更しました。説明が長くなりました。


修理の方法はたぶん一つではなくて、強度も大切だし美観も大切だし、もしかすると他にもっと大切なことがあるかもしれないし。色んなことを考えて常に可能性を探ります。