4-006 stool

Price:

SOLD OUT

Size:

W500 D360 H375 SH355

Material:

stained beech wood

Denmark / 1960'

Stock:

0

Shopping Guide>
​ご注文・お支払方法について

About Notice>
​注意点・返品・キャンセルについて

Delivery & Service>
​配送・保管・アフターメンテナンスについて

1960年代頃のデンマーク製オットマン / スツール


座板に直接脚を取り付けるだけのシンプルな構造。装飾らしい装飾はなく、ただ八の字に拡がる脚は先へ向けてきちんと細まっている。この潔さと、でも丁寧な造りとのバランスが結構丁度良くて好き。



上に記載した寸法は八の字に拡がる脚先までを含めた全体の縦×横×高さの寸法です。

シートだけの幅は49㎝、奥行きは32㎝ともう一回りコンパクトであります。


今回ファブリックには今年の夏前頃に紹介頂いたDanish Art Weaving社の新作:DOTSという生地の無地をセレクト。ポリエステル100%を使用したほんの少しパイル地掛かった穏やかな表情の生地です。

Condition:

ビーチ材を着色した脚部はもともとのコンディションが良く、塗装などは落とさずに表面の汚れだけを落としてリフレッシュ。触り心地にもこだわって仕上げを行いました。

シート内部ウレタン材は新規に交換済み。ファブリックの張り替えまで済ませています。


一点ご案内事項として、座板を振るとカラコロと音がします。

座板が恐らく、木の枠の上下から板を張り合わせたフラッシュ構造のような造りだと思うのですが、内部の空洞部分に木の破片かタッカーの芯か何か、定かではありませんがとにかく異物があり、音の原因となっているようです。

普通に使用する分には音はなく、上下左右に振るとカラコロと音が出るだけですので使用には問題ありません。こちらを踏まえて価格は設定しています。事前にご了承の上ご検討を願います。


より詳細のコンディションについてご希望ございましたらご案内いたします。お気軽にお問い合わせください。